勇者の塔プレイスタイル検証〜(2)装備アイテム出現階の範囲は本当にあるのか?

攻略

本記事は

こちらの記事のさらなるデータ考察の記事となります。
前提となる3種のプレイスタイルの説明などが掲載されていますので、検索などでこちらのページへいきなりたどり着いた方は、先にご覧いただけるとより内容がわかりやすくなると思われます。

スポンサーリンク

免責事項

この記事はあくまでも「その傾向がある」という考察でしかなく、結果を保証するものではありません。
「勇者の塔」は運の要素が非常に大きなゲームなので、プレイのたびに結果に大きな差が出るのは間違いありません。

 

 

欲しい装備アイテムが何階でドロップするか?

↑↑↑こちら↑↑↑の前提となる考察ページでも述べましたが、まず重要なポイントとして装備アイテムのドロップをプレイ内容の変更により操作することは全くできません。欲しい装備アイテムを入手するための方法として唯一言えることとしては「グダグダ考える前にとっとと周回しろよ!」ってことになります。

(一見操作できそうな金の宝箱も、そこから手に入るアイテムには一定の範囲が存在するため、粘ればすべての装備アイテムが手に入るわけではありません)

はい。元も子もありませんです。攻略ブログ失格です。。。

それでも、やっぱりゲームはプログラムによって出来上がってますから、何らかの傾向があるんじゃないか?って考えたくなるもんですよね。

今回の記事では、2000個装備アイテムゲットのプレイスタイル比較から産まれた、「思わぬ副産物の結果」や、これまでコツコツ集め続けたデータを使って、少しでも傾向を提示できるように、さらなる検証をやっていきたいと思います。

クレイモアと大地の鎧のLv差

皆さんのクレイモアと大地の鎧のLvはいくつですか?

当然いろいろなレベルの方がいらっしゃるかと思うのですが、

「クレイモアのLvが大地の鎧のLvの2倍

になっている方が結構多いのではないでしょうか。

 

管理人は「装備アイテムのドロップ率の設定が、単純にクレイモアの方が2倍なんだろ?」って思っていたのですが、今回のプレイスタイルの検証をしていく中で、そうではない結果を確認することができ、ちょっとその辺りの考え方が変わってきています。

まずはこの「クレイモアのアイテムLvと大地の鎧のアイテムLv」に焦点を絞って、3つのプレイスタイルを検証していきたいと思います!

 

クレイモアと大地の鎧のLv推移比較

装備アイテム2000個入手時点でのLv比較

まずは単純に3種のプレイスタイルで、装備アイテムを2000個入手した時点で、クレイモアと大地の鎧のアイテムLvが幾つになっているかをまとめてみました。

プレイスタイル15-20分周回200階周回1時間周回
クレイモアLv772844726
大地の鎧Lv388498359
Lv比1.98971.69482.0223

 

実際何Lvになってにいるか、というところも差が出ていて面白い部分なのですが、この内容に関しては

こちらの記事に譲りまして、ここでは「Lv比」の部分に焦点を当てていきます。
クレイモアのLvが大地の鎧のLvの2倍の場合は、Lv比が2になるってことです)

ここで特殊な結果を得たのは「200階周回プレイ」です。

15-20分周回と1時間周回プレイは、ともにLv比はほぼ「2」と言ってしまって良いかと思いますが、200階周回プレイを「2」と言ってしまうのはちょっと無理があるように感じます。

200階周回プレイはその名前の通り、基本的には200階までしか登らないので、可能な限り高い階層を目指す他の2種のプレイと比べれば、全体的に宝箱を入手する階層が低いというのは明らかで、この事が差につながっているのでは?と予想されます。

そもそもの話として・・・

こちらの記事で掲載している通りクレイモアと大地の鎧の出現する階層は全く同じです(パラメータも全く同じ(笑)。

しかし、一般的な15-20分周回プレイをやってアイテムLvに2倍の差があるというのは、そもそもなんらかのプログラム上でのドロップ率の差があるということは明確です。

たとえばそれは

  1. 単純にドロップ率が2倍
  2. メインでドロップする階層が2種の装備アイテムで差がある

みたいなことなのではないかと予想できるのですが、本当のところは作者のtatsukiさんのみが知るところ、、、

今回の記事では、普段プレイしている中でみなさんも感じているかもしれない、2番のポイントに注目して検証していきたいと思います。

 

Lv比の推移をグラフでまとめ

2000個時点での結果を比べるだけでも、色々と分かる部分はあるのですが、この結果にたどり着くまでにどのような推移を辿ったのかを調べてみると、もう少し中身が分かりやすくなります。

ということで、推移をグラフにしてまとめてみました!
↓↓↓それがこちら↓↓↓

スマホなどでご覧のは見づらいかと思いますので、見方を説明します。

  • 横軸は全アイテムの総入手個数
  • 縦軸は各個数時点での「クレイモアLv÷大地の鎧Lv
  • 基準となるのが縦軸「比率」=2(つまりクレイモアのLvが大地の鎧のLvの2倍)のライン
  • 青線が15-20分周回プレイの比率の推移
  • 赤線が1時間周回プレイの比率の推移
  • 黄線が200階周回プレイの比率の推移

 

このグラフの結果から管理人が考察したポイントはこちら

  1. 200階周回プレイ>15-20分周回プレイ>1時間周回プレイ
    の順で2を下回る期間が長いが、どのプレイも最終的には2に向かう
  2. 3種プレイとも比率2を一旦下回ってから2に向かい、2になった後は安定する

ちょっと分かりにくいので、解説していきます!

 

大地の鎧のドロップ率と周回階層

この結果を生む原因となっているのが、周回する階層の違いなのではないかと思われます。

プレイスタイルにより比率の差が出始めるのは「アイテムの総入手個数が400個を超える」あたりなのですが、ここまでの3種のプレイで共通しているのが200階までを周回しているという点。

ここから周回階層に差が生まれてきます。

  • 200階周回プレイはそのまま200階を周回(笑)
  • 15-20分周回・1時間周回プレイはここから周回層が高くなるが、1時間周回プレイの方がより高い階層を周回する

この周回階層の差が大地の鎧のドロップ率に影響しているのではないか?つまり、

200階より高い階層であるほど大地の鎧のドロップ率が下がっていくのではないか?

と予想できます。

 

アイテム総入手個数(など)によるドロップ率の変化

200階周回プレイに注目しつつ、先ほどのポイントを改めて振り返ってみます。

200階周回プレイはその名前のまま200階を最高階層にして周回を続けるので「アイテムの入手階層が高くならない」ということを考慮すると、こんな予想ができます。

200階周回プレイでは200階より高い階層を周回しないので、大地の鎧のドロップ率の方が優勢な状態が続く?
比率が2に近づくことはない?
ですが、グラフに示した通り、実際はアイテムの総入手個数が1000個を超えた辺りから、徐々にクレイモア中心のドロップとなっています。
2000個入手時点では、比率はまだ2を大きく下回っているものの、グラフの推移から今後2に向かうだろうという予想は立てられます。
これらの結果から予想できるポイントとしてはこんな感じ。
階層のドロップ率とは別に、アイテム総入手個数(あるいは新ダンジョン数や経過時間など蓄積される系のパラメータ)によるドロップ率の変動が存在する
このポイントに関して、管理人が思い当たる出来事があります。
比較的レアドロップにあたる「壺」系アイテム。
パラメータやドロップ階層など、詳細はこちらのページ参照です
この壺系アイテムがドロップするタイミングが結構固まっているのです。
例えば「黄金の壺」を入手すると、近いうちに「炎の壺」「氷の壺」が立て続けに手に入る。
これは結構遭遇する現象だったするのですが、これと先ほどの「蓄積される系のパラメータによるドロップ率の変動」を組み合わせるとこんな予想ができそうです。
各アイテムの装備Lvごとに蓄積系パラメータでのドロップ率が設定されていて、蓄積系パラメータが増えるとドロップ率が上がる

まとめ

元も子もない結果

これらの結果からドロップ率に関する仮説をまとめてみると
1. 階層によるドロップ率
2. (総アイテム入手個数や新ダンジョン数などの)蓄積系パラメータによるドロップ率

この二つのドロップ率の組み合わせにより、多種多様なドロップパターンが生まれる

ということになります。
しかもこれ以外のドロップ率の計算式が存在する可能性は大いにあるわけで、さらに複雑になっているのかもしれません。
つまり「(これをやっておけば狙いのアイテムがドロップするという)パターン化は不可能!」なわけで、ぐだぐだ考える前にとっとと周回するのが手っ取り早い!
・・・結局最初に戻るわけです(笑)
どんどん周回!
この一言に尽きますから、こんな記事よりも
こちらの記事の方を参考いただいて、周回数をどんどん上げていく方が、欲しいアイテムを手に入れる近道になるのは間違いありません!
管理人は、いろいろグダグダ考えながらプレイスタイルを工夫するのが好きだったりするので、こんな記事ができたりするんですが・・・(笑)
みなさんも楽しくプレイしてどんどん強くなってくださいね!

プレイスタイルごとの各種データまとめ

ここから先はデータがずらずら並んでいるだけのおまけゾーンとなります。
途中に出てきたグラフの元データになりますので、興味がある方だけご覧ください(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました